PAGE TOP

日産 ティーダ情報通! トップページへ

ティーダの同士競合で値引きを引き出す


同士競合とは、ティーダ同士を競合させる事、又は日産の販売店同士を競合させる事を言います。

日産の販売店は全車種取り扱いなので、どこの日産に行ってもティーダを買えます。なのでティーダ同士の競合はやりやすいでしょう。


ティーダを同士競合させるには?


ティーダを同士競合させる時に一つ注意したい事は、同士競合は別経営のディーラー同士を競合させる事が基本です。

営業所が違うだけで経営する会社が同じディーラー同士の競合は、コンピューターのネットワークが繋がっているので、見積もりや査定のデータから他の営業所で商談していることが分かってしまいます。

そうなってしまうと、どちらか一方が「同じ会社なので」と降りてしまったり、それまでのティーダの好条件に横やりが入ってその条件がなくなってしまう、なんて事にもなりかねます。

基本的に別経営のディーラー同士を競合させるようにしましょう。


ティーダ同士の競合


ティーダの取り扱い販売店は日産レッドステージ店、日産ブルーステージ店です。

色で分かれていますが、どちらも全車種取り扱いなので、色ではなくそのディーラーを経営する会社を調べて、違う会社同士のディーラーを競合させるようにしましょう。経営する会社が異なれば、レッド同士の競合やブルー同士の競合も可能です。

また、県を越境すればディーラーを経営する会社も異なるので、「地元の日産」と「隣県の日産」とのティーダ同士の競合が可能になります。この場合は競合効果が高いです。

ディーラーを経営する会社を調べるには日産のHPで簡単に調べる事が出来るので、別系列の日産ディーラーを調べてから、ティーダ同士を競合させるようにしましょう。

例えば埼玉県なら、「埼玉日産自動車株式会社」、「株式会社日産サティオ埼玉北」、「株式会社日産サティオ埼玉」、「日産プリンス埼玉販売株式会社」と販売会社が4社あります。それぞれ違う会社が経営する日産ディーラー同士を競合させる事が出来ます。

*今後日産はディーラーの再編を進めていく予定です。販売会社の統合も進むと思われるので、日産同士を競合させるときは、経営する会社をよく確認してから、ティーダ同士を競合させるようにしましょう。また会社名が違っても、実は同じグループ企業だったりする事もあります。そのディーラーを経営する会社のHPの会社案内や会社概要を見れば、関連するグループ会社も載っているので、よく確認するようにしましょう。

▲ページトップへ||→次のページへ

車の口コミ・評価サイトへ戻る

ティーダの口コミはこちら↓
ティーダ新車値引き交渉編
下取り車を高く売る!
ティーダ値引き短期決戦!
ティーダ値引きデータ
ティーダの中古車を買う!
ティーダ購入後は?

 

PR  

 


Copyright (c) 2008-2014 日産 ティーダ情報通!All Rights Reserved.